ピータイムロゴ
プライバシーポリシー サイトマップ お問い合わせ
OKINAWAをもっと楽しく。
ピータイムで働く
contents
ピータイムからのメッセージ
取締役 総括本部長より
総務人事課より
ピータイムで働く
キャリアステップ・研修制度
社員インタビュー
城間 君代
大城 照朝
照喜名 由美子
山本 聡人
古堅 政充
コミュニティ・レクリエーション
募集要項
新卒採用
キャリア採用
エントリー
基本的な店舗業務 イベント・景品の企画

“BIGカンパニー”ではなく、“GOODカンパニー”を目指して。
“GOODカンパニー”を目指して。
ピータイムは、“大きくなる”ことではなく、“良くなる”ことに対して前向きな会社です。お客様に、地域に、そして社員の幸福に貢献するために、様々な取り組みを行ってきました。そんな中、第二創業期を迎え、私たちは更なる変革を迫られています。店舗の内・外装に投資をしたり、人気機種を揃えたりすることも大切なことですが、サービス向上やコンプライアンスの徹底、演出やイベントの企画等、“良い企業”となるために最も必要な経営資源は、やはり人材のチカラであると考えています。

仕事情報
当社では、通常時の店舗業務にも、店舗で行われる多彩なイベントにも、マニュアル化出来ない、オリジナリティが溢れています。地元の特色やニーズを汲んだ企画や、若いスタッフの自由なアイディアも大いに活かされており、その挑戦と、顧客満足を追求する真摯な姿勢が支持され、ポピュラーな娯楽施設として地域に認められ、高い評価を受けています。また、企業にとっての一番の資産である社員に対しては、どこに行っても通用するスキルや考え方を身につけてもらえるように、教育研修制度を整えています。そして、段階的にキャリアアップ出来る人事評価制度や、家庭を持つ社員が安心して定年まで勤めることが出来る支援制度を漸次充実させており、社員の人生のバックアップ出来る会社を目指しています。

基本的な店舗業務
娯楽としてのパチンコ、スロットをお客様に快適に安心して楽しんでいただく為の接客と店舗運営に関わるサービス全般が主な仕事になります。当社で身に付けた接客技術は、やり方の差こそあるでしょうが、どこに行っても通用する一生もののスキルになります。

具体的には
ピータイムの店舗業務は、大きく二つに分けると、ホールでの業務とカウンター内での業務があります。どちらの業務にも共通することは、接客業務であるため、マナーや笑顔、挨拶等、特別な知識以上に、お客様を大切に思い、仕事に真面目に取り組む意欲が求められます。

※店長・主任等になると、ホールでの接客だけなく、スタッフの教育・指導・評価、勤務シフトの管理、イベントの企画、売上管理、安全管理や防犯対策、クレーム対応、営業戦略の立案や新装開店の準備など、経営者の視点・立場から店舗運営に関する総てが任されます。。

ホール接客業務
●開店前の業務として、機器の点検や朝礼(注意事項の伝達等)を行います。
●笑顔と元気の良い挨拶でお客様をお迎え、又はお見送りします。
●ホール巡回をしながらお客様からの質問やご要望を伺い、迅速かつ丁寧に対応します。
●お客様に代わって、出玉やメダルを計測器までお運びし、レシートをお渡しします。
●営業中のさまざまな機械台トラブルを迅速に処理します。
●アルバイトスタッフや新入社員の接客指導や教育を行います。
●玉、メダルの流通経路を点検します。
●新台入替準備をします。
●閉店後の業務として清掃を行います。

カウンター接客業務
●開店前の業務として景品のチェックや朝礼(注意事項の伝達等)を行います。
●笑顔と元気の良い挨拶でお客様をお迎え、又はお見送りします。
●カウンターに来られたお客様のレシートと景品を交換します。
●景品の補充をします。
●POSシステムを操作し、景品の在庫や顧客情報等の管理を行います。
●アルバイトスタッフや新入社員の接客指導や教育を行います。
●閉店後の業務として清掃を行います。

ページの先頭へ戻る

イベント・景品の企画
上記でも少し触れましたが、店長や主任クラスになると、イベントを企画したり、どのような景品を揃えるか等、企画することも重要な仕事となります。目先の売上増だけでなく、リピーターや常連のお客様を獲得するきっかけになります。いつも来て下さるお客様に喜んで頂きながら、今までパチンコやスロットに興味が無かった層もファンにするようなイベントを定期的に開催しています。

具体的には
世間的に“旬”な新しい情報を、いち早く取り入れる情報収集力が求められ、時にはアルバイトや新入社員の意見も取り入れながら、独自の企画を立案・実行します。しかし、ご高齢のお客様、女性のお客様の比率が多い、近くにコンビニが少ない等、客層や環境に特徴のある地域では特に、地元のニーズを的確に掴む分析力と観察力も必要となってきます。毎日ホールに出てお客様と接し、コミュニケーションをとる中で、自然とユニークなアイディアが生まれることもあります。単なる思いつきではありません。日々の地道な積み重ねがあってこその“ひらめき”なのです。

今までの成功例
●沖縄は全国でも有名な豚肉の消費量の多い県なので、ブランド地鶏はあまり見掛けません。そこで、ブランド地鶏を景品にしてみたところ、かなりの好評を博しました。
※景品の選定は、利益ではなく、お客様に喜んで頂くことを第一に考えているので、沖縄でなかなか手に入らないものを仕入れて、安価で提供することが多いです。そのため、地域のお客様に大変喜んで頂いています。百貨店の物産展に近い考え方ですね。
●母の日にカーネーションをお贈りしました。そのせいか、景品も女性向けのものが良く出ました。

イベント企画立案〜実行までのプロセス
1.立案した企画を本社へ提出します。
2.本社の認可をもらいます。
そして、本社から折り込みチラシの校正や事前告知(プロモーション)の指示を待ちます。
3.景品やチラシ・ポスター等の発注をかけます。
4.チラシを配り、店内アナウンスやポスターの貼付、接客中のコミュニケーション等でお客様に事前告知します。
5.事前にスタッフ全員が企画の内容や趣旨を理解し、普段と違う段取りがあれば、ミスがないように何度も確認します。イベント期間は、自分たちのテンションを普段よりも更に上げて楽しむことも演出の一つ。スタッフの楽しそうな表情や声が、お客様のテンションも盛り上がります。


キャリアステップ・研修制度


ページの先頭へ戻る


TOP 会社情報

copyright